FireSports
TOP Topics Event Demo Car Catalog Shop About Us Links
バックナンバー

BACK | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | NEXT

第661号 2009年11月17日
言葉について。

第660号 2009年11月16日
いざ中国工場へ


第659号 2009年11月16日
FRPからPFRPへ。そしてさらなる進化を求めて


第658号 2009年11月14日
癒し・・・


第657号 2009年11月13日
何年かぶりに・・・


第656号 2009年11月12日
寒さが厳しくなりましたね。


第655号 2009年11月10日
11月3日の文化の日☆


第654号 2009年11月10日
【食は広州にあり】・・・広州一人旅


第653号 2009年11月9日
買いましたアルテッツァ!!


第652号 2009年11月07日
営業車がターボから・・


第651号 2009年11月6日
バッタも間違える?


第650号 2009年11月5日
紅葉です。


第649号 2009年11月4日
憧れのフェアレディー240Z!


第648号 2009年11月4日
覚えていますか・・・


第647号 2009年11月2日
デットヒート


BACK | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | NEXT

第661号 2009.11.17 言葉について。
 
こんにちは!
ノリダ〜です☆

今日は言葉についてのお話をしていきたいと思います。

まず、弊社の中では3ヶ国の言葉が使用されます。

‘本語
英語
C羚餮
この3つの言葉が仕事では必要不可欠だ!

皆さんもご存じの通り、自社の工場は中国にあり、当然中国人であり中国語が使われます。
その中の数人は日本語を使い、日本本社と交流も取れます。
今では日本語を勉強している工員もいると聞いております。

本社と工場が遠くても同じ会社であり、
コミュニケーションは絶対なのです。

だが、本社には中国を使えるのは社長のみ(T_T)

では、本社の人間が中国に行って、仕事として行動はできるのか。

今では、NHKで中国語講座の番組や書店に行けば参考書もある。
皆さんは中国だけでなく、他国に行って商談をしなければならない時どうしますか?

中国語もわからずに中国に行き、
商談やコミュニケーションはできますか?

通訳を雇うのでは、心のこもった会話(商談)ができず、心の開いた商談ができないのではないでしょうか?

弊社では毎月1〜2名の従業員を工場に招き本場の中国語を学んでいます。
逆に、中国の工員を日本に招き、日本語の勉強をさせています。
弊社では通訳を使って中国にはいきません。

当然、私も中国に行けば通訳などいません。

多くの中国人と親密に、心のこもった会話ができるか、この業界にいる以上大変必要な事だと私は思います。

タイトルにあるように、言葉の大切さ、重要性かがわかるのではないでしょうか☆

通訳を通して会話をして、話が上手く行っても、自分自身の能力ではなく、
通訳の人間の能力が高かっただけの話だと思います。

ノリダ〜も何回か中国に行きましたが、
通訳が必要になるようでは、
他国に行く(商談や遊び)のはまだ早いような気もしました。

当然、今では少しでも中国語を勉強しながら、
業務を行っております☆

そんなことに気づきましたので、
ブログに書かせていただきました。

 
 
 
 
 
  TOP新着情報イベント情報デモ・カー製品カタログ販売店会社概要リンク
(C)2005 Fire Sports Inc. All rights reserved.