FireSports
TOP Topics Event Demo Car Catalog Shop About Us Links
バックナンバー

BACK | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | NEXT

第46号 2008年3月11日
☆ ピッカピカ 製品 ☆〜

第45号 2008年3月10日
5S 運動


第44号 2008年3月8日
プレミア?


第43号 2008年3月6日
太田さんとのコラボ???


第42号 2008年3月5日
うな丼と乗馬


第41号 2008年03月05日
Jackie Chan Special Ver.2 製作中2


第40号 2008年3月3日
追悼


第39号 2008年3月2日
ロータス仲間


第38号 2008年3月1日
旧車は大変ですね。


第37号 2008年3月1日
HYPER REV発売


第36号 2008年02月29日
Jackie Chan Special Ver.2 製作中


第35号 2008年2月28日
レーサー・太田哲也


第34号 2008年2月26日
新型FIT


第33号 2008年2月22日
ぼくの楽しみ?


第32号 2008年02月20日
KITAMO GT-Rボンネット


BACK | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | NEXT

第46号 2008.3.11 ☆ ピッカピカ 製品 ☆〜
 
FRPを成型する際、気泡や空洞が出ては
製品として失格です。
気泡や空洞が出れば、出荷前に当然修理し
パテで埋めなおすのですが、その時間が無駄です。
いかに、型から綺麗な製品を抜くか、が最大の課題です。

材料は勿論最上品を用います。
以前、委託工場では、最上級材料を仕入れたと
偽って、品質の悪い製品を納入し、
業者と結託しピンハネする社員がいたり・・・。
それでは何も進展しませんよね。
(中国らしいと言えばそれまでですけど・・・)

工場への投資は当たり前、昨年はFRPを手作業で無く
スプレーガンで吹き付ける事が出来るマシンを購入!
格段に生産効率がUPしました。
また、型を製作する際に用いる用品も全て輸入品、
マスターを成型する際のワーカブルは自社で製作し
現地周辺の工場ではNO1だと自負しています。

当社は決して近隣企業に比べ高級な給料を出している訳ではなく、
一般的には、中国の法律で最低限と言われている850元
からのスタートです。5人の管理者でさえ、2000元が上限です。
それでも工員はどんどん増えています。
また辞める工員も殆どいません。(首になる社員は時々いますけど)
以前は当社の2倍3倍の給料をチラつかせて引き抜きをするような
中国企業もありましたがそんなのはすぐに噂になり、
逆に品位を落としてしまいました。

 
 
日本の管理体制をしっかり理解し、不公平な対応をせず、
癒着もせず、更には現地企業とし、地元への貢献社会福祉も
視野に入れた経営をしてきた結果です。
現在工員は72名です。来月にも30名程度入社します。
これで100名体制、更に上を目指した製品を作ります!

最近の製品はまったく修理せずに出荷が可能になりました。
型を管理し、50抜いた型は全て廃却処分し、常に2型保有し
デリバリーに備えます。
気泡や空洞も皆無、出荷前の寸法検査、全て慎重に
作業が運ばれます。ピッカピカです。(写真参照)
エレガンス・シリーズは正にファイアースポーツの魂が篭った製品。
0から作り上げ、デザインも独自のもの。
工員一同一生懸命頑張って、皆さんへカッコいい、良質の製品を
お届けするため、日夜努力しています☆


 
 
 
  TOP新着情報イベント情報デモ・カー製品カタログ販売店会社概要リンク
(C)2005 Fire Sports Inc. All rights reserved.